*

Bispa ヘッドホンアンプ BSP-PHBA-03 レビュー

と言うワケでこんばんわ、HYPER98 であります。
Eye-Fi の iPad へのダイレクトモードを記述する予定だったのですが、実はあまり大した事なかったので順延して、ひょんなことから Bispa 製のポータブルヘッドホンアンプであるところの BSP-PHBA-03 を4日間借りることが出来たので、それを iPhone 3G や iPad2 に接続して使った感想を書きます。

音を鳴らすのはパイオニアの SE-900D という2ウェイの密閉型ダイナミックヘッドホンで、普段聞いているソースを聞き比べてみました。ま、アニソンとかゲームミュージックばかりなのですが、よく聞いているので鳴り方の違いくらいは判るのではないかなと思います。

左から電源・出力・入力・ボリュームの順に並んでいて、入出力端子は 3.5mmステレオミニジャックです。
電源スイッチを右に倒して青色LED の電源ランプが点いて早速再生です!

!?
・・・・!!
!!!11!!!11111!!!!!!!(プ

・・・いや・・・これは凄い!
iPhone のイヤホン出力など全く話にならないのですよ!
音の解像度が上がって、今まで聞き取れなかった楽器が聞こえます。
簡単に言うとフルレンジスピーカーが 2ウェイになったような。
もっさりしてたハイハットがシャキシャキの採れたてレタスのように!
駆動力も十二分にあって、音量を上げても破綻しないので先に耳が大変なことになります。

折角なので中を見てみましょう。電池を交換するときはフタを開けますのでメーカーの保証対象外になることはありませんから念のため。

BSP-PHPA-03 は先にも書きましたが電池駆動になっており、単4型電池4本で動作するようになっています。乾電池と充電池の両対応なので電源電圧で言うと大体 DC4.8V~6.0V ということになります。駆動時間は充電池で20時間以上とありますから、iPhone や iPad との併用は十分カバーできます。

使用されているオペアンプ類は 8pin の DIP ソケット上に装着されているので、必要に応じて交換可能です。現に6月下旬発売予定の BSP-BHPA-03R では利得段もナショセミ(ナショナルセミコンダクタ社) 製になっているようですし。
電解コンデンサもニチコン製のメタリックの高そうなのが乗ってますし、抵抗がカーボン抵抗よりも精度の高い金属皮膜抵抗だったり、基板こそ派手なシールドはありませんが細部にわたって高品質・高精度なパーツが用いられていることがひと目で判ります。バッテリー駆動というのも電源の外来ノイズ対策や負荷変動と言う点で音質にとって有利です。
そうそう、電源と言えば、iPhone 3G よりも iPad2 に繋いだ時の方が安定感のある音が出ていました。恐らく本体のバッテリーに余力 (=ドライブ能力) があるからなのでしょう。

まぁ構造云々よりも実際に聞いていただくのが一番なのですけど・・・
ちなみに気になるお値段は Bispa オンラインショップで \24,800 (消費税込・送料無料) だそうです。大型ヘッドホンや1万円以上するイヤホンをお持ちの方なら高い買い物ではないと思いますヨ。

最後に備忘録も兼ねて、Bispa BSP-PHPA-03 に搭載されている IC の型番とデータシートへのリンクを貼っておきます。

利得段×2:AnalogDevices – ADA4692-2 オペアンプ、デュアル、低消費、広帯域、ローノイズ、レールtoレール出力
http://www.analog.com/jp/all-operational-amplifiers-op-amps/operational-amplifiers-op-amps/ada4692-2/products/product.html

バッファ:ナショナルセミコンダクター LHM6619 Precision Op Amps
http://www.national.com/en/amplifiers/precision_op_amps.html
※チップ表面の型番では LHM66 までしか記載がないので現在のナショナル製品から推測

パワー・バッファ:LinearTechnology – LT1010 高速±150mAパワー・バッファ
http://www.linear-tech.co.jp/product/LT1010

暫くオーディオ機器への設備投資をしていなかったのですが、これは毎日が楽しくなるアイテムだなと思いました。そう、オーディオ熱が再びぶり返したような感じですかね(ぉ

実は凄いイヤホンも貸してもらっているので、今度はポータブルオーディオではなく単品コンポーネントのオーディオ機器である CDプレーヤーと組み合わせで行きます。Hi-bit レガートリンク搭載のパイオニア PD-T07HS Limited でね・・・(お

関連記事

新着記事

Lightning 互換激安ケーブルの憂鬱 (修理編)

と言うワケでお久しぶりです、HYPER98 であります。 新しいiP...

記事を読む

DELL Dimension 4700C に Windows 8 Release Preview を入れる

と言うワケでこんにちわ、HYPER98 であります。そろそろ Wind...

記事を読む

DELL Dimension 4700C をパワーアップする

と言うワケでこんばんわ、HYPER98 であります。 これまでにコミ...

記事を読む

富士通 PRIMERGY MX130 S2 に 8コア Opteron 3280 を載せる

と言うワケでこんばんわ、HYPER98 であります。 先日予告しまし...

記事を読む

何台目かの富士通 PRIMERGY MX130S2 の建造

と言うワケでこんばんわ、HYPER98 であります。まァた1ヶ月空いて...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

Lightning 互換激安ケーブルの憂鬱 (修理編)

と言うワケでお久しぶりです、HYPER98 であります。 新しいiP...

DELL Dimension 4700C に Windows 8 Release Preview を入れる

と言うワケでこんにちわ、HYPER98 であります。そろそろ Wind...

DELL Dimension 4700C をパワーアップする

と言うワケでこんばんわ、HYPER98 であります。 これまでにコミ...

富士通 PRIMERGY MX130 S2 に 8コア Opteron 3280 を載せる

と言うワケでこんばんわ、HYPER98 であります。 先日予告しまし...

何台目かの富士通 PRIMERGY MX130S2 の建造

と言うワケでこんばんわ、HYPER98 であります。まァた1ヶ月空いて...

→もっと見る

PAGE TOP ↑