UPS (無停電電源装置) と計画停電

UPS (無停電電源装置) と計画停電

と言うワケでこんばんわ、HYPER98 であります。
首都圏における計画停電の騒動も一段落したところで、今回にわかに脚光を浴びた UPS なる周辺機器について紹介します。

UPS:Uninterruptible Power Supply と読んで字の如く無停電電源装置とは、電源の入力が途絶えても出力が途絶えないようにする機械の事で、コンピュータの周辺機器としては APC 社の Smart-UPS シリーズが有名です。
仕組みを簡単に説明すると、ブレーカーが落ちたり、停電になったりして電源入力がなくなると、UPS に内蔵されたバッテリーからインバータを通して AC100V を供給するようになっており、この切替は一瞬で完了するのでコンピュータは電源障害とは関係なく動作し続けることが可能なのです。
常時インバータと常時商用方式があるのですが説明は割愛します(ぉ

要点としては、停電が起きてもコンピュータ等の機器を使い続けることができるということで、今回のように計画停電が予定されている場合においては、UPS から PC の電源を取っていれば停電が起きてから作業中のファイルを保存して PC を安全にシャットダウン出来るという大きなメリットがあります。また、停電ギリギリまで作業できるので、作業時間の損失も抑えることができます。
(もっとも、大容量の UPS を用意して停電時間中もずっと稼働させ続ける我が社のようなところもあったりしますが)

また、UPS にはレーザープリンタや空調のように大電流を必要とする機器を繋ぐことは負荷の問題で出来ないことになっていますが、たとえば電話機を UPSには に繋いでおけばひかり電話のような、本来なら停電とともに使えなくなってしまう機器を生かすことも可能なのです。
我が社もひかり電話のビジネスホンを導入しているのですが、停電時間中は UPS の電源により、電話対応を可能にしていました。

今回の計画停電のような事態は想定外なのでしょうけれども、これから夏にかけて、本来 UPS を接続する理由である落雷にまつわる電源トラブルを防止するために、UPS の導入を検討されてはいかがでしょうか。

せっかくですので UPS を扱っている当社のショッピングサイト 98-shop へのリンクを貼っておきます(笑)

PCパーツカテゴリの最新記事